食べ物の甘い誘惑

甘いものを摂りすぎると、むくみの原因になることもあります。

むくみにも色々あり、塩分の摂りすぎは肌が張ったようなむくみに、甘いものの摂りすぎはぶよぶよしたようなむくみになります。

甘いものを摂りすぎると、体内にあるビタミンB1が大量に消費され、それがむくみの原因に繋がるのです。
ビタミンB1が消費されて不足してくると、イライラしたり物忘れが酷くなったりといった症状が現れます。
さらに症状が進むと、動機息切れ、食欲不振、倦怠感などに襲われる場合もあります。

糖分は甘いものだけではなく、アルコールにも多く含まれますし、暑い時期によく飲むことが多い清涼飲料水などにも大量に含まれていますので注意が必要です。

この様に、いかに体にとってビタミンB1が重要かお分かりいただけたと思いますが、そんなビタミンB1には以下の様な3つの働きがあります。

ビタミンB1の働きとは

①糖質をエネルギーに変える
食物を食べることで体内に糖質が摂取されます。その摂取された糖質は、胃と腸で分解されブドウ糖へと変化します。
ブドウ糖は細胞に吸収されて、ビタミンB1の力によってエネルギーに生まれ変わります。

②神経の働きを守る
ブドウ糖は神経細胞にとって唯一のエネルギー源です。ビタミンB1不足に陥ると、そのエネルギーの供給が出来なくなってしまいます。
このエネルギ-供給は、中枢神経や末梢神経の正常な働きに無くてはならないのです。

③脳の働きに必要なエネルギーを作る
農にとっても唯一のエネルギー源はブドウ糖です。脳は体の中の臓器の中で、一番エネルギーを消費する臓器です。
脳を正常に動かす為にも、ビタミンB1は必要不可欠になります。
しかも②の話に繋がりますが、脳はビタミンB1が不足すると、中枢神経や末梢神経を上手くコントロールできなくなったり、脳から神経へ情報を伝達する物質の働きも正常ではいられなくなるのです。

とはいえ、甘いものが大好物という方も少なくは無いと思いますので、甘いものとの上手な付き合い方が出来れば、過剰に糖分を摂取する事も少なくなるのではないでしょうか?

お金をかけずにできる事

他えば、あまり負担にならない程度に「自分ルールを設ける」のはいかがでしょうか?
食事はまず野菜類から口にする、間食はナッツ類などに置き換える、空腹時には甘いものを食べない、など、何か1つ自分のルールを決めて行動してみてはいかがでしょうか?

気を付ける点

内臓の疲れが出てくると、甘いものがほしくなります。

ですので、甘いものを食べすぎると内臓の疲れが慢性化して、体の不調へと繋がる場合がありますので、少しずつですが、そんなに甘いものを摂取しなくても良い体になれるように、少しずつですが毎日実践し習慣化される様にしてみましょう。

関連記事

PAGE TOP